すけろくの店主が綴るダイアリー


by suke6dream

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

和ダイニング すけろく

最新の記事

あと30名!
at 2016-06-23 16:27
昼からバーベキュー!
at 2016-06-20 16:08
『周年感謝祭』受付開始!
at 2016-06-10 14:27
トマトップさん❤
at 2016-05-29 16:29
臨時営業!
at 2016-05-24 12:45

カテゴリ

全体
仕事
プライベート
未分類

以前の記事

2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「生きること」と「感謝すること」♥

みなさんこんにちは!

牧之原市和ダイニングすけろく店主のトシです。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

そしてまずは昨日ご来店いただいたお客様、本当にありがとうございました(*'▽')

送別会、お仲間の飲み会など珍しく!?家族連れのお客様がいなかった日曜の営業でしたが、昨日も本当にありがたい一日となりました。本当にありがとうございました!

そして本日月曜日は朝、両親を藤枝の病院に送ってから焼津のサスエさんへ。

車の中で両親と昨日放送したNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」の話をしました。

昨晩の内容は吉田松陰が「安政の大獄」によりいよいよ処刑されてしまう場面。

そこで松陰は家族へ辞世の句を残します。

「親思う心にまさる親心 けふのおとずれ何ときくらん」

子が親を思う以上に、親が子を思う気持ちは強いもの。今日のこの報せを聞いた親は、なんと思うだろうかという意味のようです。

昨日から今日にかけて、生まれて4か月の三男に高熱が出て、妻の実家で看病してもらってるので、余計そう思うのかもしれません。

親になって初めてわかる親心。

たとえ「大義」に生きたとしても子に先に逝かれてしまう親の気持ちは計り知れません。

鹿児島の特攻隊基地だった「知覧」に行った時も思いましたが、戦争で子を亡くした親が遺体を探しに、あるいは骨を探しに行く気持ちがなんとなくわかるようになってきた気がします。

「何も残っていない」というほど悲しいものはないのかもしれません。

人間の記憶はいずれ薄れてしまうということをみんな知っているから。

そしてそれが病気であっても事故であっても戦死であっても親は子の死を防げなかったことをずっと後悔するのだと思います。

逆に残された側ではなく、亡くなる側の事も想像します。

「知覧」に行った時も、家族を守るためにと特攻していく人間の気持ちになって考えてみました。

その後もある研修の中で「遺書」を書くという内容のものがあり、改めて自分の人生について深く考える機会も何度かありました。

そのたびに強く思うのは「家族を残していく心残りは必ずあるけど、後悔はしない生き方をしたい」ということでした。

自分だけの自己満足ではなく、妻や子供にそして両親にも「がんばって生きたね」と言ってもらえる人生であったかどうかです。

な~んて考えてもそんなに立派な人間ではありませんので、身近な人にそう思ってもらえたらなぁ~位の小さなものです。

だって元々は「すけべでろくでなし」のすけろく店主ですから(;゚Д゚)

でもそんなことを考えると、いつ終わるかわからない限られた時間の中で「何を残せるか」を考えるようになり、時間の使い方、お金の使い方、どんな人と時間を共有するのかを考えるようになります。

こうしてブログで発信しているのも「何を残せるか」という人間の生存本能の大きな欲求の一つ

「存在意義」

をたぶん伝えたいんだと思います。

人間の肉体はいずれ無くなってしまうけど、記憶は生きている人の中で生き続ける。

そんなことを教わらなくても人間は自然と知っているんだと思います(*'▽')

うちの4歳の次男なんかもそうですが、小さな子供でも「僕のしてることを見て、話してることを聞いて!」と僕が忙しくても本能の欲求のままに要求してきます(*´Д`)

だから人には「承認する」ことが大事だとも教わってきました。

「話を聞いてあげる」「見てあげる」「ほめてあげる」こと。

「怒られる」「殴られる」のは嫌ですが、それすらも大きな意味では「存在を認めている」ことですので、「無視される」ことの方が人間は恐れるということです。

お店に来ていただくお客様も同じだと思います。

スタッフ同士も同じだと思います。

自分の仕事でいっぱいいっぱいになってしまって「人」に意識を持っていけなかったらその人の「心」は離れて行ってしまいます。

イライラしているとき、いっぱいいっぱいの時に人は『感謝の気持ち』が無くなっている時だと教えていただきました。本当にそうだなって思います。

なぜ「感謝」することが大事なのか。

本を読んだり人の話を聞いたり、脳の仕組みや感情の仕組みを勉強したりして自身の体験と重ね合わせていくと、すごく納得がいきました。

お客様への「ありがとうございました!」が本当に「ありがとうございました!」の心になって言葉を発しているか、いつの間にか「当たり前」になっていないか自問自答します。

それは家族やスタッフさんに対しても同じことです。

そしてこうしてブログで書かせてもらっていながら改めて自分に落とし込もうとしています。

人間の脳は「イメージしたことを実行しようとする」そうです。

そして主語がわからないということ。

「人の悪口」や「愚痴」が多いと、実は自分自身の脳に語りかけている結果となってしまい、結果的に自分への負のスパイラルを無意識に作ってしまうこと。

逆に「肯定的な言葉」「夢や目標」「感謝の言葉」などをたくさん口にしていると、いつの間にかそうした方向へと自分の脳が導いてくれる。人間の脳のどの部分がそういったことをしていくのか現代の医学?大脳生理学?では分かってきているようですが、本当か嘘かは僕には分かりません(*´Д`)

でも僕はそうだと思って意識的にやっています(´・ω・)

今日もチョ~長いブログになりましたが、「支えてくれる人へ」「五体満足なことへ」「食財を仕入れさせてくれることへ」「生きていることへ」の感謝を忘れずに笑顔で元気よく営業したいと思います(*'▽')

e0238624_12135912.jpg

今日もサスエさんで「春香」と特大の「ながらみ」をいただきました!

「春の食財」「四季がある日本に生まれたこと」にも感謝しながら、本日も和ダイニングすけろくはたくさんのおすすめと笑顔でスタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております003.gif
[PR]
by suke6dream | 2015-04-27 12:22

四十にして迷わず!?

みなさんこんばんは!

牧之原市 和ダイニングすけろく店主のトシです。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

そしてまずは昨日ご来店いただいたお客様、本当にありがとうございました!

「華金」の昨日もとってもありがたい営業をさせていただきました(*'▽')

そんな昨日は自分の40回目の誕生日でした。

家族やフェイスブックなどでもお祝いいただき本当にありがたい一日を送っていた中、夜9時過ぎに常連さんのお二人さんがご来店。

お祝いの品をたくさんいただいちゃいました(;゚Д゚)
e0238624_15493768.jpg

これから梅雨時期に入っても困らないようにと、傘を大量にいただきました!
本当にありがとうございました(*´Д`)

そして営業が終わり、サダ君が器の話があると2階の食器棚へ誘うので付いていくと・・・

パン!パパン!!

と隣の部屋からビックリするほど大きな音でクラッカーが鳴りました!

スタッフがサプライズで誕生日を祝ってくれ、僕が部屋に入る前にクラッカーを鳴らしてしまうという「すけろくらしい」違った意味でのサプライズでした(;゚Д゚)
e0238624_15362437.jpg

ケーキや料理、プレゼントまで用意してくれていて、昨日も遅くまで営業、片付けをしてくれた中、いつの間にか「パーリー」の準備をしてくれていました(*´Д`)
e0238624_15391253.jpg

e0238624_15394331.jpg

e0238624_15395858.jpg

四十を迎えたおじさんは泣きそうになってしまいましたが、改めてこのスタッフのためにも、支えてくれる家族や多くの方のためにも「がんばろう」と気持ちを新たにしました(*´Д`)

今日はそんなプレゼントの「アンパンマン靴下」も履いて、お昼の予約の営業を先ほど終え、夜の営業の準備に入ります。

今日は宴会の人数変更があり、残りのテーブル席数があと2つと増えましたので、カウンター席も含めて皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

ぜひ遊びにいらしてくださいね003.gif
e0238624_1547875.jpg

[PR]
by suke6dream | 2015-04-25 15:51

まきのはら茶づけ

みなさんこんばんは!

牧之原市 和ダイニングすけろく店主のトシです。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

昨日は臨時休業をいただいて、4月のスタッフミーティングをさせていただきました。

e0238624_153791.jpg


休みの日にお給料が出ることもない、こうしたミーティングに集まってくれるスタッフに本当に感謝感謝です(*´Д`)

昨日も色々な内容をみんなで話し合った中で、特に時間を割いたのがゴールデンウィーク明けからスタート予定のPOSレジ&ハンディ端末の説明、練習でした。
e0238624_15413056.jpg

ファミレスなどでも見かける、店員さんが注文時に打ち込んでるあの機械ですが、これからすけろくで使わせてもらうのはipod touchにシステムが入っていますので、見た目は携帯電話と同じく見えちゃいますが決して携帯で遊んでるのではありませんのでご理解下さい(*´Д`)

すけろくは2階建ての構造になっていて、2階の注文を1階の調理場に通したり、お会計をしたりするのも時間を費やしていましたが、これからは以前よりは解消されるはずだと思います(*'▽')

もちろんそれ以外にも様々なメリットがありますが、とにかく操作になれないと逆にお客様にご不便をかけてしまうのでとにかく練習あるのみ!です。( `ー´)ノ

こうしたものを導入して効率化を図る中、スタッフさんに何度も伝えているのが「決して機械に使われないようにすること」

携帯電話もそうですが、これからどんどんロボットが進化してどんどん便利になっていくと思います。

NHKでも特集でやっていたりしますが、本当に「人間の仕事」がどんどん減っていく時代に入っていくと思います。

だからこそ僕ら飲食店は「人間らしいサービス」をもっともっと追求していかないと、必要性が、存在価値がどんどん薄れてしまう、そう感じています。

あれだけ「人間らしいサービス」にこだわっているディズニーランドも舞台裏ではかなりのオートメーション化が進んでいると聞きました。

「目の前のお客様との時間」をより作り出すための効率化なので、その分しっかりお客様と会話したり関わったりする時間にしていこうとスタッフに伝えました(*'▽')

LINEなどもそうですが、便利さにばかり目を向けてしまって、本当に大事な部分を忘れないように気を付けていきたいと思います(*´Д`)

そしてそして、ようやく完成した「まきのはら茶づけ」!

ミーティング後の懇親会でみんなで試食しました(*'▽')
e0238624_1603512.jpg


〆の一品として、肝機能に良いとされる「あさり」を炊き込みご飯風にしました!

お茶の香り、色も前面に出した逸品ですので是非ご賞味ください!

本日より提供を開始させていただきます(*'▽')

それでは本日も和ダイニングすけろくは、たくさんのおすすめと笑顔で皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております003.gif
[PR]
by suke6dream | 2015-04-22 16:32

歩のない将棋は負け将棋?

みなさんこんにちは!

牧之原市 和ダイニングすけろく店主のトシです。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

そしてまずは昨日ご来店いただいたお客様、本当にありがとうございました(*'▽')

週末の金曜ということもあってとってもありがたい営業をさせていただきました。

そして本日土曜日もスタッフ一同朝から大忙し!(;゚Д゚)

今日は静岡空港のすぐ近くにある高尾山石雲院で、牧之原市出身の女流棋士加藤桃子女王(20)の“凱旋対局”となった『マイナビ女子オープン第2局』が行われています!
e0238624_15224787.jpg

e0238624_15231017.jpg

その対局の間に食事していただくお弁当をすけろくで作らせていただくことになったので、関係者さんの分と合わせて準備させていただき届けさせてもらいました( `ー´)ノ
e0238624_1524265.jpg

e0238624_15245117.jpg


地魚や地元野菜に「静波レッド」など地域の食材をふんだんに使わせていただいたお弁当です!

加藤桃子さんについては詳しくは知らなかったのですが、牧之原市議会議員の大石健司さんがブログで詳しく書いてくださっていました。

許可をいただいてリンクさせていただきますのでぜひお読みくださいね(*'▽') ↓
http://kenji-oishi.net/68052/

ぜひ地元牧之原市での勝利を祈ります!(;・∀・)

そしてそのあとはそのままお昼に法事のご予約をいただいていたので会席料理の準備です!
e0238624_15341248.jpg

「しんたろう」「サダ」「まなぶ」の三名に新入社員の「コウタ」も朝から頑張ってくれています(*'▽')

そして片付けが終わったら夜の営業の準備です!

スピード感のある「香車」のようなスタッフ。調理からホールまで縦横無尽にこなしてくれる「飛車」「角」のようなスタッフ。地道に少しづつがんばってくれる「歩」のようなスタッフまですけろくもいますが、みんな成長したあかつきには「成金」のように素晴らしいスタッフに成長してくれることと思います。

僕も「歩」の心を忘れないで、一人一人のお客様、スタッフに気を配りながら今日も元気に頑張ろうと思います!(*'▽')

今日は長い一日になりますが集中力を切らさずに、今日もたくさんのおすすめと笑顔で皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております003.gif
[PR]
by suke6dream | 2015-04-18 15:50

選挙

みなさんこんにちは!

牧之原市 和ダイニングすけろく店主のトシです!

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございますヽ(´▽`)/

そしてまずは昨日ご来店いただいたお客様、本当にありがとうございました!

予約1組からの爆発的な営業で、てんてこ舞いとなってしまいご迷惑もおかけしたこともありましたので、営業終了後に即ミーティングでした。必ず今後の営業に活かしていきたいと思います(´・ω・`)

そんな昨日は静岡県も県議会議員選挙が行われましたね。

僕も嫁も期日前投票を済ませていましたが、昨日はスタッフ間のLINEでも「ぜひ選挙にはいってほしい」という旨の発信をしました。

選挙権すらなく独裁政権に支配されて一生を終える国の人、選挙のたびに殺し合いになってしまう国の人もいます。

幸い日本は二十歳になれば自動的に選挙権が与えられ、あまり有り難みも感じられないまま「一票」が与えられますので、「政治」と「自身を取り巻く環境」がイメージ的に中々結びつきにくく、選挙に行くことがない人もいるようです。

なんてこと言っている僕自身も東京での修業中は、選挙には一度も行ったことがなかったばかりか全く興味もありませんでした。

だから偉そうなことはあまり言えません(T ^ T)

でも地元に帰ってきて、結婚して家を建てて子供が生まれてと環境が変化していく中で考え方も少しづつ変わり始めてきました。

とにかく伝えたかったのはまず「投票」に行くことから始めましょうということでした。

そして今朝の静岡新聞にこんなコラムがありました。
e0238624_11185095.jpg

e0238624_11201212.jpg

これは「まず投票に行きましょう」の次の段階ですね。

しかもこういったことをアメリカではすでに小学校で教えられていることに驚きました。

昨日のスタッフに宛てたLINEで「選択」とは何か。「覚悟」「責任」「決断」「自分の頭で考えること」などについて自分なりの考えを伝えさせてもらったんですが、小学校のうちからこういった内容のことを教わるのでは日本とアメリカではかなり違った価値観、判断基準、考え方になるのは納得!みたいな記事でした。

どちらの教育が良いとかいう風にも思わないですが、日本ではこういったことは大人でもあまり考えない感覚かも?と思いましたし、こういった内容は大学生や大人が学ぶ勉強だと思っていただけに驚きもありましたΣ(゚д゚lll)

自分はたまたまいろいろな方のお話を聞く機会が有り、フェイスブックやインターネットなどでも情報が入ってきますが、両親に聞いてもほとんど情報がないままイメージで決めて選挙に行ってくれているなぁとも思う反面、僕の持ってる情報だってほんの一部の情報、偏った情報かもしれないと思うと何が正しいというのはないのかなとも思いましたヽ(・∀・)ノ

大事なのは「自分で選んだ」という「選択した自覚」だと思います。

まずしょうがない、行ってみるか!と「行くこと」を決めること。

次に誰にしようかなぁと「考える」こと。

そして、俺が投票した人当選した?とテレビや新聞で「情報を得る」こと。

そして当選したかしなかったかの理由を探って、世間の考えと自分の考えを「比較して検証する」こと。

最後に当選したならその人の今後にも「興味を持つ」こと。

ここまでできればなんとなく一通りかなーと思います。

仕事も同じで「情報を集める、計画する」「実行する」「検証する」「改善する」といったPDCAサイクルが大事だと言われていますが、私生活も同じだと思いますヽ(´▽`)/

選挙に行って終わりではなく、それによって何がどう変わっていくのかを見ていく、興味を持つことで今後の判断基準の材料になる「情報」の量や質が変わってくると思います。

僕もよく「やりっぱなし」で嫁に怒られますので今日も長文のブログを書きながら自分への戒めとしています(T ^ T)


投票率が半分しかなかった地方選だったようですが、なんとなく遠くに感じられる「選挙」「政治」は自身の生活、今後の未来、子供たちの未来に確実につながっているということを近しい人や自分の子供たちには伝えていこうと思いますヽ(´▽`)/

それでは今日は雨、風ともに強い月曜日ですが、本日も和ダイニングすけろくはたくさんのおすすめと共にスタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ちしております003.gif
[PR]
by suke6dream | 2015-04-13 11:34

こだわる

みなさんこんにちは!

牧之原市 和ダイニングすけろく店主のトシです。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございますヽ(´▽`)/

そしてまずは昨日ご来店いただいたお客様、本当にありがとうございました!

友人の誕生日を祝うお客様、試験合格をお祝いするお客様、初めて彼女を連れてきてくれたお客様など、昨日もとても嬉しい心温まる営業をさせていただきました\(^o^)/

そんな昨日は、一昨日撮影していただいた牧之原市内の飲食店で売り出し中の「まきのはら茶づけ」の放送日でした。

まずはこうした機会をいただき、商工会の皆さん、JAハイナンの皆さん本当にありがとうございましたm(_ _)m

そんな今回の撮影までの中でうちの店の中でいくつか「こだわり」がありました。

今回の「すけろく風まきのはら茶づけ」は調理長の「しんたろう」君や「まなぶ」君らの協力ももらいながら、「サダ」君が主に担当して試作を繰り返してくれていました。

特にこだわってくれたのが「お茶らしさ」

うちの店もそうですが通常、飲食店のお茶漬けは鰹節や昆布からとった「だし」を使います。

しかし鰹節や昆布から出てくる旨味成分は美味しさを出してくれる反面、お茶の香りや色はどうしても飛んでしまいます。

何が正解というのはありませんが、うちの店はお茶の「色」「香り」にこだわりをもって開発してくれていました。

その背景にあるのは当店が「地産地消」を軸にした店であること。

店で使っている種類のお茶だけでなく、どんなお茶がこのお茶漬けに適しているのかを一生懸命考えてくれていました。

「地産地消」で大事なのは、単に素材を使わせていただくのでなく、生産者さんの「思い」もお客様にお届けすること。

「サダ」君は色んな知り合いのお茶農家さんの話を聞きに行ってヒントをもらったり、思いを確認したりしてくれていました。

通常お茶は65°cから70°cのお湯で入れるのですが、お茶漬けとして出すにはそれだとぬるくて美味しさが落ちてしまいます。

高温でもお茶の香り、風味が残ってくれるも種類はどれか、お茶の入れ方はどうか、お茶の葉を引き上げるタイミングなども遅すぎると渋みが出過ぎるなど、何度も試作を繰り返してくれました。

結果、相良の塩という「天然塩」との組み合わせの中で、「だし」が少し入ってるんじゃないかというように感じさせるお茶の色、香りと共に塩の塩梅も活きた「お茶だし」が出来たと思います。

さらにご飯もすごく考えてくれました。

「お茶だし」は「カツオだし」が入ったものよりは、どうしても「旨味」は弱くなります。

そこで「あさり」を深川飯のように炊き込みご飯にして、ご飯自体に旨みをつける方法をとってくれました。

「あさり」自体は旨味成分も多い貝類ということもありますが、うちはお酒を提供するお店ですので「肝機能」に良いとされている「あさり」を使うことで、締めのお茶漬けで翌日のお仕事も元気にがんばってもらえるようにというお客様への心配りも考えて選んでくれたと言ってくれました(T ^ T)

そんな調理スタッフの思いも聞いていただけに、撮影に際して僕も一つだけ「こだわり」がありました。

それはそんなスタッフを撮影してもらうこと。

打ち合わせの中で、ディレクターさんのお話だと、僕が仕込みをしていて食べた感想を聞いて受け答えをするという、僕一人を撮影するという話になっていました。

今回の「お茶漬け」は僕はこうしてほしいとスタッフにお願いしただけで、一生懸命考えて作ってくれたのは調理スタッフです。

僕だけを映してもらうのは絶対に嫌で、どうにかスタッフをいれて欲しいという話をしたらディレクターさんも少し困ってしまったようで、変に「間」ができてしまった時がありました。

でもディレクターさんは聞き入れてくれて、放送のように僕の受け答えも入れながら「サダ」君もしっかり放送してくれるカメラ割を考えてくれて本当にありがたかったですヾ(´▽`;)ゝ
e0238624_11572214.jpg

「こだわり」といえば、今朝も焼津のサスエさんで隠岐島 海士町の岩がき「春香」を仕入れさせていただきましたが、この「春香」の美味しさ、安全性は「こだわり」の結晶でもあり、それを取り扱ってくれている「サスエ」さんの「こだわり」はまた別格なものがありいつも勉強させてもらっていますm(_ _)m

e0238624_11562631.jpg


これは以前見せていただいた「春香」が包まれたスチロールに貼られているバーコードです。

ブランド牛などでも有名になった「トレーサビリティ」というシステムが使用されていて、このバーコードから検索するとこの春香がどこのどのような海域でいつ捕れて、どのようなルートでどういった形でここまで運ばれているかがわかるものです。

これは生産者さんの強い思いに裏打ちされた春香に対する思い、自信の表れと同時に、こうした最新のシステムも導入していくという柔軟さ、お客様への誠実さの表れだと僕は思いました。

もちろんサスエさんもそのような強い思い、こだわりがありながらすごく柔軟な面も同時に持ち合わせていて、だからこそ多くの人を惹きつける魚屋さんなんだと人としての勉強にもなります。

話がだいぶ散らばってしまいましたが、「自身のこだわり」と「お客様に対する心配り」の両方が必要になってくる時代だと思いますので、すけろくもその両方を周りの素晴らしい先輩方のようにより高いレベルに、スタッフみんなでもっていきたいと思いますヾ(´▽`;)ゝ

今日は僕は交代休みでお休みをいただきますが、本日も和ダイニングすけろくはたくさんのオススメと笑顔で皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております003.gif
[PR]
by suke6dream | 2015-04-09 12:14

正義とは

みなさんこんばんは。

和ダイニングすけろく店主のトシです。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

今日はお店をお休みいただいて、リニューアルオープン当初からの創業メンバー「ヒロミちゃん」の送別会でした。

元々友人だったヒロミちゃんに「新しい店でスタッフがいないんだけど手伝ってもらえないかな」と声をかけたのを最近のような、すごく昔のような感じがします。

本当にたくさん助けてもらい支えてもらいました。
e0238624_0163648.jpg

静岡市内で新しい職場、生活も始まるということで今後のさらなる活躍をお祈りしますヽ(´▽`)/

そして送別会の後、家に戻り録画してあった大河ドラマの「花燃ゆ」を見ました。
e0238624_0234485.jpg


僕は中学の頃から「幕末」が好きになり、今回の大河ドラマも賛否両論ありながらも自分なりに楽しく見させてもらっています。

中学当時は特に今回の主人公「吉田松陰」のような尊皇攘夷(天皇を国の中心と考え、国を脅かす外国を除外しようとする考え方)のような考えに共感し、佐幕派(徳川幕府を中心とした考え方、新選組もそうです)や開明派(天皇でも幕府でもなく、海外の良いと思った部分を取り入れて力をつけようとする考え方、坂本龍馬や勝海舟もそうです)はあまり共感できませんでした。

でも年をおうごとに考え方が少しづつ変わってきます。

今でも幕末の志士のような考え方は好きですが、今回のドラマであったように「政敵を暗殺してまでも自らの大義を貫こうとする」考え方は良くないなと思えるようになりました。とは言いながら、時代に抑圧されてやむにやまれず行動してしまう心情も理解できますから否定はしないですし、自分も幕末に自分が生まれていたら・・・と考えることもあります。

逆に言えば、元々僕はそれくらい「自分の正しさ」を貫こうとしてしまうタイプで、結婚当初の妻を何度も泣かせてしまったり、スタッフとも意見をぶつかり合わせてきました(T_T)

その考えも研修に行く中で少しづつ変わり始めます。

僕の中で決定的な言葉に出会ったのが昨年、経営の研修で「感性論哲学」というものを学んだ時に

「いかなる正しさも、いかなる正義も、対立を呼び起こし人間関係を破壊するような形でその正義が行われるならば、その正義は悪である。」

という言葉でした。

この幕末も同じ、尊皇攘夷派の正義は佐幕派にとっての正義ではありません。

暗殺された井伊直弼も、日本の将来を考え、外国人を除外し殺してもなんの解決にもならないと考えていた彼なりの「正義」があったかもしれません。

同じく国を想う人間でも、考え方、手法が変われば敵になってしまうこともあります。

小さなところで言えば夫婦喧嘩、大きくなると戦争、民族紛争。

どちらも自分の「正しさ」を主張していった結果です。

相手には相手が生きてきた経緯があり、その中で培われた「正しさ」があります。

それを尊重せず、自分の正しさに「はまって」しまうと、人間は相手を除外してでもその正義を貫こうとしてしまう動物であると学びました。

衝突したり議論したりすることがいけないのではなく、むしろそれは必要だと考えますが、どこかで相手を認める、自分の考えが絶対ではないという考えを持たないと必ず衝突します。

大事なのは「謙虚さ」だと教えられました。

なぜ相手がそう考えるのかを知る必要がある。

でも相手の意見を聞いていて、実はあまり聞いていないということがよくあります。

答えを決めていながら聞くタイプで僕もそういうタイプでした。

人になんと言われようと自分の思ったことを成し遂げようとする気持ちはすごく大事で、同時にそれ以外の考えにも耳を傾ける謙虚さも持ち合わせていないと「自分の正義」にはまります。

幕末の偉人はほとんど暗殺されます。

相手の意見も聞きながら時代の局面を変えていくというのは不可能かもしれないので、それは仕方のないことだったとも思います。

歴史から学ぶことがあるとするなら、どんなに素晴らしい政策でも、それによって不利益を被る人が、半分いる。不利益を受ける人が半分いることに配慮しなければ、どんな素晴らしい政策も効果を上げることはできないということだと思います。

相手を慮ってい過ぎたら何もできなくなる。でも自分を貫き過ぎるといらぬ敵を作ってしまう。

大河ドラマを見ながら色々と考えさせられます。

何かを変えようとする時、相手の意見を聞かなかったり、変える理由、説明責任を十分果たしていないという事がままあります。

自分では言ったつもりという部分です。

人間は感情の生き物なので同じことを言っても、言う人、言い方で全く違う捉え方になることもあります。

うまく伝わらない時に「相手が悪い」と思うか「自分の伝え方がまだ未熟だ」と思えるかでまた今後が大きく変わります。

イライラする時は、自分の思うようにことが運ばない時。色んなことが「当たり前」になって「感謝」の気持ちが薄れている時だとも教えてもらいました。

なんて話を頭で理解できるようになっても、まだまだ自分の感情に負けそうな時もたくさんありまして、自分をコントロールすることが一生の勉強だと思っています。

「強さ」と「しなやかさ」相反するものを合わせ持つことは簡単ではありませんが、今年40歳「不惑」の年を迎えるにあたって、そんな「柳」のような自分でありたいと思いました(´・ω・`)

明日からの仕事も、家庭も「感謝」の気持ちを忘れずにがんばろうと思いますヽ(´▽`)/
[PR]
by suke6dream | 2015-04-06 01:30

4月臨時休業のお知らせ

みなさんこんばんは。

牧之原市 和ダイニングすけろく店主のトシです。

いつもブログをご覧いただき本当にありがとうございます!

そしてまずは昨日ご来店いただいたお客様、本当にありがとうございました(*'▽')

週末金曜日ということもあり、昨日もとってもありがたい営業をさせていただきました!

そしてお知らせがだいぶ遅れて申し訳ございません。

4月の臨時休業ですが、今月は店の予定が多くございまして3日いただくことになります。

直前で申し訳ありませんが、明日、5日の日曜日、16日の木曜日、21日の火曜日です。

明日はリニューアル時からのスターティングメンバー「ヒロミ」ちゃんの送別会として、お昼にご予約の営業をさせていただき、夜の営業はお休みをいただいて近くの美味しい居酒屋さん「飲み喰い処 まつばえ」さんで送別会をやらせていただきます。

16日の木曜日はお店をお休みいただいてスタッフと共に社外勉強会へ。

21日の火曜日は毎月のスタッフミーティングとなります。

誠に申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いたします。

それでは本日土曜日もあとカウンター席を残すのみとなりまして、歓迎会、送迎会にお祝いの席とたくさんのご予約も本当にありがたく思います。

スタッフ一同感謝の心で皆様のご来店をお待ちしております!

良い週末をお過ごしください(*'▽')
e0238624_1750559.jpg

[PR]
by suke6dream | 2015-04-04 17:53